インターンシップの目的

日本で7年間勤めた会社を辞めたのをきっかけに留学を決意し、弟がキャンバスゲートを通じて語学留学をしていた関係でまずは3ヶ月アメリカで語学留学しました。帰国後は日本で再就職先を探すつもりだったのですが、「アメリカで働いてみたい」という気持ちが大きくなり、海外研修をキャンバスゲートに依頼しました。
教育関係の仕事に興味があったので、スタッフと相談の結果、サンフランシスコの教育機関のオフィスで1年間インターンとして働くことになりました。





ビザ取得〜渡米まで

スタッフの細かいサービスでビザ取得は思ったよりスムーズでした。私の場合パスポートを更新する必要があったのでビザ取得までに時間がかかってしまいましたが、スタッフの細かい指示で特に不安もなく無事にビザが取得できました。


渡米後

スタッフからのサポートは基本的にEメールでのやりとりでした。以前3ヶ月アメリカに留学していたとはいえ研修生としての滞在は全く異なり戸惑うことも多かったのですが、困ったことや疑問などはEメールにて相談し、常に素早い対応をして頂いたので特に問題はありませんでした。文化も言葉も違う環境で海外研修とはいえ仕事をするのはかなり大変だったのですが、スタッフの細かいサポートのおかげで仕事に集中することができたのは大きかったと思います。


インターンシップ終了後

終了後については日本もしくはアメリカでの就職先を探すことをスタッフとも相談していたのですが、幸いにも研修先での就職が決まったので、私の場合は就職活動等で悩むことはありませんでした。

ただ、就職が決まったものの新しいビザの申請やそれに伴う弁護士探しなど、問題はたくさんありましたが、これもスタッフの細かいサポートがありスムーズでした。常に新しい情報をスタッフからもらえるのでかなり助かりました。


インターンシッププログラムを終えて

私の場合は研修から就職まで比較的順調に進んだのも、キャンバスゲートのサポートがあったからこそと思っています。今は海外インターンシップがポピュラーになってきて様々な会社がインターンシッププログラムを組んでいますが、キャンバスゲートのサポートとは比較にならないと思います。「インターンシップ先さえ決まればあとは自分の頑張り次第だからサポートなんかいらない」と思われる方も多いと思いますが、ほんの些細な困ったことでも相談できて適切なアドバイスをしてくれるところがあるということは、異国で生活し仕事をするにあたってもとても大きな力になります。

私のこの結果(アメリカでの就職)がすべてサポートのおかげではもちろんないと思いますし、私の努力の結果であると信じていますが、キャンバスゲートのサポートがなければここまで努力できたかどうかは甚だ疑問です。 一人でも多くの方が、キャンバスゲートの海外研修プログラムを通じて、効率良く自身の夢を実現できることを願っています。



BACK TO TOP